投資とギャンブルの違いのひとつに、リスクコントロールが出来ているかどうかがあるのです。 投資は熱くなってやるものではないんです。 常に冷静に、リスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)コントロールを考えながら行うものです。 ところが、ギャンブルとなると如何しても熱くなってしまいませんか? 利益が出ると、この利益を何倍にもしてやろうと思うでしょうし、損失を出すと、この損失を取り返そうと自分の欲求がコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)出来なくなりますよね。 株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)投資も、一歩間違えばただのギャンブルです。 ギャンブルにしない為にも、投資する企業の経営状態や将来性をきちんと調べて、慎重に判断します。 当然、株主優待(ギフト券などで支給されることも多く、金券ショップやネットオークションでも売買されています)や配当金(その会社によって、年に一回支払うところもあれね、二回支払うところもあります)狙いでもいいですね。 そして、自分が応援したい企業の株式を購入するのが投資なのです。 もしかしたら、株はギャンブル(一度はまってしまうと、止めるのは難しいといわれています)、といったイメージが一般的なのかもしれませんね。 けれど、それは熱くなってリスクコントロールができなくなった人たちが、あまりにも多いからと呼ねれているんです。 勝負に勝った負けただけではなく、常にどんな状況にも冷静に対処出来るようリスクコントロールされていれば、それが投資なのなのですー